下川崎の家_設計監理.01

下川崎の家_埼玉県羽生市 | 2021.12.30

埼玉県羽生市で新たに設計のご相談を頂き、計画を進めている【下川崎の家】。
こちらも砥上の家に続き、鹿沼市のマルニホームさんと立ち上げたMUSUBI「”日常という特別な空間”を感じることができる住まい」をコンセプトにした住宅計画になります。
ご相談を頂いたのは少し前になりますが、開発申請や造成工事を進め、並行して現地調査やヒアリングを行い先日ご提案をさせて頂きました。
計画地は群馬県との県境に位置し、周囲には大規模な商業施設や総合病院があり、調整区域でありながら国道が近い利便性の高い立地。
群馬県境ということで、赤城下ろしの影響を受け風が強いことや商業施設に隣接する為交通量も多いなど、この土地固有の特徴も。


敷地に対して南北を確認し、風配図や気象データを参考にしながら近隣等の関係も考慮しつつ配置も複数案を準備。
周囲の建築物と向きが異なる提案になる為、お施主様にも別パターンのスタディー内容を見て頂き、設計意図を含め検討して頂くことに。
角度をつけることで生まれる敷地の余白に、周囲と調和を図るための自然体な庭を計画。
一敷地の中に緑地を作り、その一角に建築する様な感覚。


お施主様にはプランを含め全体の計画を気に入って頂き、一安心。
今回のご提案内容にて、年明けから本格的に計画を進めて参ります。

栃木県佐野市 住宅設計 店舗設計 医療・福祉施設設計  熊倉建築設計事務所